株式会社アダチ/Adachi Corporation
HOME
会社案内
商品情報
採用情報
トピックス
リンク
お問合せ
入社後のキャリアパス
キャリアパス/イメージ 着眼大局 着手小局

仕事に慣れベテラン社員になる頃に陥りがちなのが、“その日暮らし症候群”。
仕事の腕が上がるほど仕事を任される様になり、
目の前の事で頭が一杯になるのは、使命感の強い社員ほど陥る事の多い現象です。
忙しい中であっても、将来の自分の目標をより鮮明に描き、
“今後のキャリアアップの道筋の中における自分の位置付け”を意識しながら
毎日を過ごす事は、同じ作業、同じ業務をしている自分をより能動的に変化させます。
人生の時間の大半を過ごす“仕事の時間”を意義あるものにして欲しい、
向上心を大切に邁進して欲しいと思います。

 

 

係長の職責
・自分の仕事の周辺にある問題点を分析、提案、解決していく。
・部下の抱えている問題、悩んでいる事の把握をしながら、部下の立場に立った指導を行い、
 より前向きな考え方が出来る様、道しるべをする。
・部下、部課長、関係部署とオープンに話し合い、信頼しあえる関係を築く。

 

課長の職責
・事業部内の戦略を提案。業界で優位に出るにはどうすべきか。事業部長と戦略を策定。
・事業部戦略に基づき、各部門の具体的な戦略、仕組みを策定し、部下を巻き込んで、
 実行に移す。
・業界の情報に精通。
・チームの経営資源(人、時間、労力)の適正化。係長を鍛え、強いチームを組織し、
 統率していく。
・強いコミュニケーション能力、説得力。リーダー力。

 

事業部長の職責
・事業部の損益の最終責任者。会社の方針を部下に浸透。業界における事業部の
 位置付けを理解し、課長と共に、収益力の高い戦略を策定、実行に移し、成果を出す。
・会社の内外へ情報網を持つ。無知な仕事は自ら学ぶ。
・強いチームを形成し、メンバーが効率的、効果的に働ける様、指揮。
・事業部の’よき文化、よき風土’を創る。
・部下の心を捉える。部員をしっかり引っ張っていける課長になる様、育てる。

 

事業統括部長の職責
・会社全体の利益を上げる事に責任を持つ。各事業部が作成した戦略を深く理解し、
 より質の高い戦略となる様、事業部長にアドバイス。
・鋭い戦略思考力。会社にとって最善の戦略は何か。人件費配分、経営資源の正しい配置。
 潜在的な事業チャンスの探求。会社が優位に立つ為の的確な判断。
・事業部の仕事が円滑に流れるしくみ作り。
・事業部長を育成、指導(1対1の対話)。

 

BackPage Up